憲法改正問題の視座|日本国憲法を保持するデメリットと廃憲(憲法無効)を選ぶ2つの理由

憲法を破棄することを考える 新しい憲法問題への視座憲法

憲法問題に関し、改憲派VS護憲派の対立があります。

私は特に憲法問題に関し、護憲でも改憲や加憲でもなく、廃憲するべきだと考えております。

ですが、戦後半世紀以上も現行憲法で国政や法執行がなされており、今さら廃憲など出来るのかという疑問。一般の多くの日本国民に現行憲法が支持されているではないかという躊躇いためらい

そういう理由で廃憲運動は盛り上がりませんでした。

が、日本国憲法(特に憲法9条)は常に外交においてネックとなってきました。軍事力を放棄してしまっているからです。

国際社会において外交力とは軍事力のこと。一応、戦力なき軍隊とも言われる自衛隊を日本は保有しておりますが、

自衛隊は交戦権も与えられていない”警察”に近い組織で当然軍事力たりえず、外交交渉においても全く力を発揮しません。

内閣法制局の答弁では、交戦権を戦いを交える権利ではなく、交戦国が国際法上有する種々の権利の総称と理解しているとのことです。

これを否認すると、相手国から侵略されても「黙ってやられる」以外にない。ですので、現在の日本は在日米軍と言う米軍の軍事力に抑止力を頼っており、米国のclient state従属国となっています。

日本は絶対に米国の意向に逆らえない。国際社会において自国の軍隊を保持しない国は、永遠に国際社会において不完全な国家であり、3等市民ならず3等国家でしか存在できないわけです。

もちろん「3等国家」とか「米国の保護国」だとか、国際社会から何を言われても別に気にする必要はありません。言わせたい人間には言わせておけばいい。

しかし、それでは国民の安全保障が盤石なものにならず、日本国民が精神的にも経済的にも豊かで自由な生活を送るのに支障をきたすからダメだと主張しているのです。

現行憲法を保持するデメリットと廃憲(憲法無効)の必要性について解説します。

不平等な在日米軍駐留を招いた日本国憲法の大失敗

1960年の日米安保条約改定交渉においても、常に日本国憲法がネックでした。

憲法9条のため軍事力を供出できない日本は、米国に日本の領土を基地として提供する、あるいは米国の傷付いた艦船を修理したりと非軍事的な面での協力しかできないからです。

それは対等な軍事同盟条約ではなく、60年の安保改定交渉でもその点を米国側から指摘されます。

結果として、日本に不利な条件を呑まざるをえなくなる。我が国の先祖が苦心惨憺して撤廃した明治の治外法権を、なんと在日米軍に与え、彼らは現在も好き放題しています。

在日米軍が犯した強姦などの犯罪は取り締まれない、それは目をつぶるしかないという不正義をそのままに見過ごしているわけです

もうこれだけでも充分に現在の状況は、日本国民にとって精神的に耐えがたい状況ではないでしょうか。

現在も続く米軍の半占領状態の継続は、すべて日本国憲法が日本に軍事力を持たせない、日本を永遠に弱体化させるという連合国の方針をそのまま受け継いでいるからです。

日本国憲法の前文は”日本さえ悪いことしなければ世界は平和だ”➡諸外国の悪意に対して無防備たれと説く、、おかしな条文

中学生の頃、日本国憲法の前文を読んだ私の感想は、”日本さえ悪いことをしなければこの世界は平和になるのだな”という非常に牧歌的なものでした。

日本は諸外国を信頼し、武器を捨てて、彼らに従えば平和な社会が訪れる。あの「憲法」の前文はそういうニュアンスで記載されており、日本はその9条で軍隊も戦力も、また交戦権(交戦国になる権利)も否認しております。つまり諸外国の悪意に対して無防備であれということです。

なんでこんなおかしな条文が存在するのか?なんのことはありません。それは占領時代に米国の占領軍が起草したものだからです。

現行憲法の前文には次のように記載されております。

”日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの、、、、安全と生存を保持しようと決意した”

この”われら”とはアメリカを含む連合国民のことを指すのであり、彼らにとって安全で平和な社会が訪れるのであり、私たち日本人に平和な社会が訪れるわけではないのだと読み取れます。ここからいわゆる自虐史観というものが生まれるわけです。自分たち日本人には生きる価値がないのだと。

私が中学生の頃に感じた印象もそうですが、この憲法は日本政府や日本国民を悪とし、諸外国を善とする構図が前提として存在しているのです。

これはもちろん憲法を起草した当時の連合国諸国の頭の中身そのものです。

日本人が日本国憲法に従順に従えば従うほど、かつての連合国の頭の中身を自分たち自身に拡大再生産し、

日本人はかつて戦った連合国の日本に対するイメージを、今度は自分たちで作り上げてしまっているわけです。

現行憲法のことを憲法ではなく”占領条例”という識者もおります。ともかくこんな憲法を国の国法体系の最高峰としているのですから、日本人の頭の中身もめちゃくちゃになるのは仕方がないかもしれません。

他国の占領軍に占領時代に作られた法律は無効となるのが一般国際法の常識です。よって日本国憲法は国際法違反のため無効となる。これが本来では正しい選択となります。

アナーキーで無秩序な国際社会では自助こそが唯一の原則

日本人はこの国際社会と言うアナーキー(無秩序)で弱肉強食である世界を真摯に受け止め、かつての大日本帝国憲法のように軍隊も交戦権も認め、セルフヘルプ(自助の原則)こそが自らを救うのだという当たり前の現実をいっこくも早く受け入れるべきだと思います。

特に国際社会は国内社会のように警察も裁判官もいない無秩序な世界です。国際裁判所もありますが、国内裁判所のようにその強制管轄権や法執行体制がまったく成り立っていないのです。

ですから、国家犯罪を犯した国の代表や高官を逮捕することも出来ず、裁判を受け入れるか否かもその国家が決めてよいことになっています。これが国際社会なのです。

にもかかわらず、現行憲法は第2次世界大戦当時の連合国民の日本人に対するイメージを踏襲し、日本抑え込みという方針をそのままに体現しております。戦後も日本国民は日本国憲法により占領時代を自分たちでいまだに継続させているわけです。

日本には何もさせないし、出来なくさせる。日本人は悪魔的民族であるから、軍事力を持たせない。国際社会の言いなりにさせる。弱体化させる。早く滅びればいい。

憲法改正論議で、憲法9条を改正しようという動きはありますが、これは9条のみ改正すればよいというわけではありません。当然その前文も変えないといけない。

そもそも「平和主義」という名のもとに定められた日本弱体化方針は、あの現行憲法の性質そのものなのです。

憲法には憲法改正限界説というのもあります。絶対に変えてはいけない部分と言うのが憲法にも存在します。この9条と言うエセ平和主義(連合国民のみを平和にする主義)は日本国憲法のまさにその部分であり、9条も前文もその限界に関わる部分。

だからこそ、あれほど改正するんだと息巻いていた安倍首相もすっかり尻込みし、今では自衛隊を認める条文を加えるに留めるとトーンダウンしています。

セルフヘルプが常識である国際社会で、諸外国の善意に頼るというあまりにも非合理的な選択をしているのが日本の現在の状況です。

憲法9条や前文は改正できない部分です。廃憲(憲法無効)しか方法論として成り立たない理由はここにあります。

政治・外交問題では急にナイーブになり、バカになってみせる日本人

日本国憲法は、在日米軍と言う他国の軍隊を駐留させ、かつ治外法権を与え、彼ら米軍に好き放題させ、国家の品格と国民の平和な生活を著しく損なわせております。

またその他国の支配下に入り、当然その国の意向に逆らえないという状況をつくっております。そしてセルフヘルプ(自助)が基本である国際社会の現実を無視し、日本国民の生命を非常に危うくさせているのです。

この占領条例ともいえる現行憲法を破棄しなくては、日本人はこの国際社会において自由には暮らせず、それどころか自分たち自身を貶めようとし、常に他国の意向やその侵略的行為に怯え、言いたいことも言えず、何を奪われたとしても押し黙るしかないのです。

国内社会においても、国民自身がみな競争し、他人を安易に信用せず、騙されないように、また自身の生活をより豊かにするべく合理的に自分たちのキャリアアップを考えて、そのキャリアパスも真剣に検討し転職や就職活動を行う。

その前に学歴戦争もある。社会に出ても常に競争です。相手を打ち負かし、マウンティングをして悦に浸るものもいる、富や名誉ある地位や役職の奪い合いをしている。

にもかかわらず、国際社会においてはそういうことを考えないようにする。非常に牧歌的になり、ナイーブな振る舞いをする。

外国人に対する身勝手な妄想を繰り返し、国内社会以上に熾烈な国際社会を認めようとはせず、非合理的で不正義な振る舞いをする。つまりは、何も考えないようにする。それが唯一の対処方針であるかのように。急にバカになってみせるわけです。

もういい加減に少しは勇気を持ち、政治・外交問題に対して急にナイーブな態度を取るのではなく、合理的に物事を考え国際社会と向かい合っていくべきではないでしょうか。

愚かしいパシフィズム(反戦平和主義)を捨て、軍事的にも経済的にも諸外国と戦う気概を持たなくてはならないのです。

まとめ

以上、私は廃憲(憲法無効)を訴えますし、必ず実現させなくてはこの国の未来はないと思っております。日本国憲法を保持(護憲)するのはデメリットしかないからです。

またこの記事では2点廃憲の理由をあげました。①国際法違反であるため②憲法9条や前文改正は憲法改正限界説に関わるため、という2点です。

※憲法無効となる理由は他にもいくつもあります。ご興味のある方はぜひ下記の記事をご覧ください。

廃憲を掲げる政党が現れない限りは、国際社会の現実から目を背けていることの政治表明であり、そのような無責任な振る舞いをする政党に投票できません。

選挙とは国民を政治的に教育する場です。

ですが、現状、それを自分が議員になる方法だとしか捉えない浅はかな立候補者ばかり。そんな立候補者の実情がまた政治・政党に対する国民の不信感を募らせ、無党派層を作り、選挙率もまた下がる一方となっております(了)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました