改憲派と護憲派はなぜ論争するの??護憲派3類型と改憲派との主張的距離を考察

改憲派と護憲派のメンタリティ 憲法改正の論点憲法

憲法改正に関していつも疑問に思うことは、同じ日本人なのになぜこうも議論が噛み合わないのかということです。

特に改憲派と護憲派ではまったく議論となりません。お互いの主張のすべてを否定しあい、ゼロかいちしか存在しないような言論空間となっております。

改憲派の主張は、改憲が可能かどうか、、、、、、、、、という点はさておき、その主張の論理性はよく分かります。

憲法9条により日本の軍事的プレゼンスが崩壊させられ、自国の安全保障環境を非常に危うくしていることの危機感が背景にあり、それがまた改正の合理的な主張となっています。

一方で、護憲派は今ひとつよくわかりません。それは、憲法9条が改正されると”日本は危険な状況に追いやられる”という未来のことを述べているからです。

将来のことは全く不確実であるので、いささか論理性に欠けてしまうのです。

今回の記事は憲法改正における護憲派の主張に関して、その精神的な部分(メンタリティ)も含めて考えてみたいと思います。

もし私たちが対決して勝たねばならない相手を挙げるとすれば、それは諸外国の悪意でしかありません。

なぜ両者の主張が、こうも日本人VS外国人のように食い違うのかに関して答えを探してみたいと思います。

かつては護憲派も改憲派も同じ思考基盤に立っていた!?

まず護憲派(左派)は、かつての共産主義・社会主義のイデオロギーの流れを汲み、旧ソ連に日本国を差し出そうという信念のもとに存在しておりました。

ある有名な左派は、”日本国憲法は絶対維持だ。しかし、日本がソ連に占領され社会主義国になった場合は、米国と戦わなくてはいけない。となれば、軍隊を持たねばならないから、この憲法を変えよう!”と正直に本音を吐露しておりました。

日本国憲法は諸外国に対して無防備であることをテーゼとしたものです。当たり前ですが、彼ら左派も明確に現行憲法の本質を捉えているんです。

ですから、日本の安全保障環境が脆弱になるという改憲派の主張は、一部の護憲派指導者にもよく理解されているんです。この点で食い違っているわけではない。

現在の護憲派3類型|護憲派は思想的に3つに分けられる

ですが、こんな社会主義国に対する憧憬の念を今だに保持している護憲派は少ないでしょう。

ならばなぜ社会主義国崩壊とともに護憲派は消え去らなかったのかという疑問が残ります。

現在護憲派は3類型に分かれると思います。

一つは日本国憲法の性質により少し勘違いしてしまった国際社会観を持つ人たち、

二つ目は誤った自己陶酔主義に溺れて育った戦後世代、

三つめは何の覚悟もないナイーブで利己的な無抵抗主義者、

以上の3類型です。

勘違いした国際社会観による護憲の主張

一つ目の類型である”勘違いした国際社会観”をまず説明していきたいと思います。

それは他ならぬ日本国憲法が与えた悪影響のたまものです。

日本国憲法はその前文で、”国際社会には敵はいない。悪いことをするのは日本人であり、日本人さえおとなしくしておけばこの世界は平和である”という政治的な声明文が記載されております。

しかし、実際の国際社会は国内社会のように警察もおらず、強制管轄権を有した裁判所も存在しておりません。

アナーキー(無秩序)こそ国際社会の特徴であり、現在も強大な軍事力を有した国が常にそのキャスティングボードを握っております。

富を蓄積し、それを強大な軍事力に変えて、自国民を守っていくしか生き残るすべがないのです。

にもかかわらず、日本国憲法は、”諸外国に対する不信感を意識して取り除き、、、、、、、、、警察も司法もない社会で他国の善意を乞い願うという誤った行動を繰り返す”ことを日本人に奨励しております。

自分の頭の中だけで完結する理想的な世界観

戦争と言うのは仕掛けた側が常に悪く、必ず敗北するのだというなんら実証されていないテーゼを夢想的に信じ込むのもこの人たちの特徴です。

”武器を持つ者は武器により制せられる”や”剣によって立つ者は剣によって滅ぶ”などの自分たちにとって都合の良い格言を並べ立てて、相手を見るのではなく自分の理想的な頭の中だけで思考を完結する。

100年ほど前の過去の歴史を見ればこの勘違いはすぐに気づけます。

何の近代的兵力を持たなかった、又はその準備をしなかった国々は徹底的に西洋列強諸国より搾取され、奴隷として牛馬のごとく働かされるという植民地主義の餌食となったのです。

武器を持たないものが反映した世の中などないでしょう。常に他国からの侵略に備え、軍事力を整備・発展した国がその寿命を長くしてきました。

永遠に栄える国などありません。しかし、武器を持たなかった国、その近代的兵器を持てなかった国は少しの間栄えることも許されなかったのです。

過去の歴史を見て、また現在の国際社会の性質を見ても、このような国際社会観が徹底的に誤っているのがわかるのではないでしょうか。

このような勘違いした国際社会観により、軍備は必要ないとする現行憲法を支持するのです。国際社会は安全な世界であり、軍備など不要でしょ、ということ。

誤った自己陶酔主義者による護憲の主張

二つ目の誤った自己陶酔主義者とは、次のヤフーの知恵袋の質問に表れております。

それは「Q:日本国憲法はいったいいつになればノーベル平和賞をとるのでしょうか!?私は来年には取れそうだと思うのですが、みなさんはどう思いますか??」というものです。

私はこの質問をはじめ閲覧させてもらった時、まったくその文意が取れませんでした。

しかし、質問者様もとくに”荒らし”というわけでもなく、本当に疑問に思われたのでこのような質問を投稿されたのだという事が後で分かりました。

これは戦後日本の外交方針の錯綜と少し関係しております。

第2次世界大戦後、核兵器が登場したこともあり、今後の世界戦略をどう組み立てていくのか、その安全保障戦略として最適解とは何なのか?を諸外国は真剣に考えました。

米ソの2極構造はこれまでの4つ以上の複数国家による多極構造とは違う。そのパワーバランスはどう保っていくのか?新しく出来た国連はどのように機能するのか?などい日本以外の他国も先行きが読めなかったのは事実です。

その中で、この世界の新しい安全保障戦略として、日本が世界に提示した戦略(?)があったのです。それはかつての5大国のひとつで、米国と並ぶ最強の軍事国家であった日本が戦後に示した戦略、憲法9条が採用した無抵抗主義・武力放棄主義というものなのです。

日本が率先して武器を捨てて他の諸外国の善意を信じる!とはんを示せば、必ず追随する国家が出てくる!

そうすればこの世界から兵器がなくなり、世界は平和になる!というお金がかからないし誰でもすぐ実施できる「画期的な」対外戦略でした。

しかしながら、どの国家も採用しなかったどころか、まったく無視をされてしまいました。

はたしてこれを国家戦略と言えたのかどうかも不明なぐらいにお粗末で、既に失敗しているのは明白です。

それでも自分たちは道徳的に他国よりも優れているのだとうぬぼれ、いまだに失敗していることを認めようとしない、認めたくない人たちがいます。

彼らを誤った自己陶酔主義者とここでは定義しております。

一言でいえばこのような主張は悲劇であり、私としてはこれ以上評することを躊躇ためらってしまうものであるといえます。

ナイーブで利己的な無抵抗主義者による護憲の主張

一方で、三つ目の何の覚悟もないナイーブで利己的な無抵抗主義者とは、先ほどの二つの主義・主張とは一線を画しております。

人生に対して刹那主義的で、自分さえ良ければそれでいい、現状のままでも自由な生活を送れているのだからこの日本国憲法で別にいいいじゃないか!

もしこの憲法を改正することで自分に何か新しい責任が付与されるなら絶対に反対だ。仮に日本がひどい目にあったとしても、それは他の日本人に押し付けて自分は逃げ出せばよい。

全員が逃げ出せるわけでもないのは分かっているが、逃げ出せなかった奴が自己責任として被害をこうむればよい。

この主張は先の二つの護憲派の主張と比べて、メンタリティ(精神的な面)はともかく、もっとも合理的な主張であると言えます。

ただその主張の決定的な弱点は、自分がタイミングよくうまく逃げ出せるという保証がないところ。

自分さえよければという無責任さ、自分をそこまで否定的に捉えようとしない自己反省のなさ。

憲法改正論議が巻き起こればそのような葛藤に襲われることになるため、改正論議が周りで起こるのも消極的に妨害するという姿勢。

特にメンタリティの観点からは、彼らの主義・主張は否定されてしかるべきだと思います。

もはや護憲派=左派ではない!?第4の勢力である反日派とは

ここに挙げた3類型に当たる人たちは、まったく社会主義への憧憬の念など持っておりません。

ですので、護憲派ではあっても左派とイコールで論じるのは不適切でしょう。

この左派を定義するのは非常に難しいです。左派は社会主義・共産主義的な主張を採用し、資本主義的な政策にい反対するのがかつての特徴でした。また対外姿勢も親ソ・中のスタンスであり、反米であるということでしょうか。

日本では左派はすべからく護憲派であるために、左派=護憲派と言われております。ただ護憲派であっても、左派ではない。もはやChinaですら資本主義を採用し、日本共産党は公式に中国共産党を支持しないと主張しております。

ただわかりやすいから右派と左派の区別をしているのが現状だと思います。

反日派と護憲派はなぜ結びつくのか?|護憲派にいる+αの勢力

もちろん護憲派の中には急進的な勢力もおり、日本人は悪魔的民族であり、この国際社会から絶滅するべきなのだとする反日主義勢力もその位置を占めております。

反日派は第4勢力ともいえるかもしれません。日本さえ悪いことをしなければこの世界は平和になるので、日本を弱体化させる日本国憲法を改正してはいけないという主張です。

これはやんわりとすべての護憲派の底に横たわっている考え方かもしれません。

代表的な存在は東アジア反日武装戦線(1970年代に活動した武闘派左翼グループ・テロリスト)でしょう。この急進的な護憲派が今では唯一左派にあたるのかもしれません。

彼らのいう反日は、日本が戦前にアジア諸国に対して「悪行」を働いたという物語を少しも疑問に思うことなく、幼子おさなごのようにひたすら信じ込むという点から出発しております。

日本人全体のメンタリティに、自分の非を素直に認め反省することを美徳とする習性があり、それともうまくマッチングするのでしょう。

反日派の一方的な歴史観では説明できない歴史の事実

反日派の信じる歴史観が一方的であるのは、以下のような歴史観も存在することからも分かります。

日本は侵略などしたわけではなく、アジア諸国より日本人が西洋列強の植民地主義者を追い出してくれたおかげで、アジア諸国が独立することができ、

ひいてはアフリカ諸国含めて差別されてきた非西洋のあらゆる人種が国際社会においてその地位や独立を認められ、人種平等の世界が達成されたという歴史の事実があります。

また当時シナ大陸の出兵も自国民保護を求めての当然の出兵であり、それは侵略行為ではなく、朝鮮併合も当時の朝鮮近代化を目指す革命家グループとの合作であり、

朝鮮半島にすむ人々は日本の統治によってはじめてその人権を手にすることが出来たというのも事実です。

東アジア反日武装戦線の当時学生だった彼らもそうですが、現在の朝鮮人もまた日本に支配される前の朝鮮がどのような状況だったのか、知らない方が多いです。

当時、朝鮮では両班やんばんという支配者階級が朝鮮人民を苛烈に統治し、朝鮮皇帝も自国の国民を救おうともせず、その官職を競売にかけて私利私欲を極めていたというような状況でした。

実際に日本が朝鮮を統治するようになってから、朝鮮人民の生活は格段に向上し、人口も増えましたし、富も加速度的に増えていっております。

もしこれが「植民地主義的支配」というのであれば、貧困にあえいでいる発展途上国の多くの国々は率先して日本の「植民地」になりたがるでしょう。

ある朝鮮人の言葉ですが、「現在反日で日本を非難している朝鮮人は、日本統治時代の朝鮮を知らない。私は日本統治時代の朝鮮を良く知っているから親日なのだ」と。

日本は悪者であるという思想(反日思想)は日本国憲法とマッチする!?

こういった歴史の様々な事実を直視せず、ひたすら日本が悪者であったと一方的に信じ込む非合理的な態度や姿勢。これが反日です。

悪者である日本と日本人を憎み、日本人でありながら日本人に対して爆破テロなどを起こす。

悪である日本人を殺害しようとしたのが、先ほど紹介した東アジア反日武装戦線という反日派の中でかなり急進的なグループでした。

よく反日的な歴史観を自虐史観とも言いますが、そうやって自分たち日本人を悪しざまにののしることで、「罪」を認めようとしないその他大勢の日本人よりも自分たちの方が精神的に崇高なものであるとうぬぼれる。そういうメンタリティが彼ら反日派には必ず存在します。

反日でも何でもいろんな思想をもつのはいいと思いますが、

あるイデオロギーや主義により、自己を高めるのではなく他者を批判することで喜びを見出すようなものはただの迷惑な主張でしかありません

そういう意味でも、反日主義というのは徹底的に間違っているのでしょう。

しかし、日本は悪者であるという思想(反日思想)は、日本国憲法を作成した当時の米占領軍の頭の中身そのものであり、憲法前文などにそれが染みついております。

ここに護憲派と反日派が必然的に結びついてしまう素地があります。

反日思想を公的にやんわりと肯定している日本政府

しかし、反日を育てたのは戦後日本政府の姿勢にも理由はあります。

それは自分たちの行った戦争を肯定的に評価しようとしないからです。日本は負けたのだからと、全て諸外国の一方的な言い分を認めて、反論しようともしない。

”いずれ後世の歴史家が評価するだろう”と捨て台詞をはくだけで、日本国憲法に求められている弱体化した、諸外国に対しては物言えぬ三等国家としての自国を演じるだけ。

戦後日本政府がこの調子であり、歴史教科書においても、積極的に第2次世界大戦を論じることなく、いまだにあのデタラメ裁判である極東裁判で用いられたA級戦犯などと言うワードをそのまま使用している。

”日本には戦犯などいません”と主張することもしません。

もしサンフランシスコ平和条約の第11条で極東裁判を受諾したことをもって、何も主張できないのだと官僚の国会答弁のごとく理解しているのであればそれはまったくの間違いです。

条約とは国と国との対外関係でのもの。日本国内において”あの裁判はデタラメである。極東裁判が行われた日を国家恥辱の日としましょう”ということは可能です。

それに条約法条約という国際法にも記載されておりますが、条約は改正や修正を行えるもの。諸外国に対してその提案をすればいいだけの話です。

他国との外交文書においても”過去の植民地支配によって、朝鮮の人々に多大の損害と苦痛を与えたという歴史の事実を謙虚に受け止め、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明した”(2002年日朝平壌宣言)とあります。

いまだに自国の戦争に対して胸を張って語れないのです。これでは国家としても、一国を代表する政府としても失格と言わざるを得ません。

反日日本人に対して懐疑性がもたれるようになった今日、日本政府がこのような姿勢では反日は今後もなくなることはないでしょう。

もし反日というおかしなイデオロギーを本気で根絶したいのであれば、日本国憲法や日本政府の対外姿勢、また国民の国際社会観と歴史観を改めるという荒療治が必要となります。それが出来ていないからこそ、反日がはびこるのです。

反日と護憲が調和するのはもうご理解いただけたかと思います。

反日主義の人たちにとって、日本を弱体化し諸外国に対して物言えぬ3等国家にする、無防備な状態にさせる日本国憲法というのは非常に有用なツールなのです。

※日本国憲法の問題点に関しては以下の記事をご参照ください。

まとめ:改憲派と護憲派の一部では、考え方はほぼ一緒。ただ護憲派に正統性があるというだけ

反日主義も含めて、護憲派の3類型に属する主張はあまり肯定できる余地がほとんどありません。特に反日主義は外国人の立場から見れば「合理性」を獲得するというおかしな主張になっています。

また”必ず逃げられる手段を確保”できるのなら、利己的な無抵抗主義者の主張は合理的であるかもしれません。※もちろん逃げた先での外国での生活手段を確保する必要もありますが。

改憲派と護憲派はまったく論理的に話が出来ないというわけではなく、利己的な無抵抗主義者と反日主義者は日本国憲法の本質を正しく理解しております。

ただ無抵抗主義者はその事態に対して国外への逃避を選択し、反日主義者は日本人でありながら日本の破滅を望むという積極的支持を見せています。

実際には改憲派の話を理解できていないのは、護憲派でも一部の人たち。勘違いした国際世界観の人たちと、誤った自己陶酔主義者の人たちだけでした。

補足すると、その反日主義を公的にやんわりと肯定している日本政府の姿勢が、その存在の正統性を認めてしまい、護憲派の基礎固めをしています。

ほぼ半世紀以上の間、日本の第1政党で、政権を支配し続けてきた自民党が党是に憲法改正を掲げていながら、

政権を執り日本政府としての顔を持つと、反日主義に近い歴史観のもとに諸外国に対してビクビクと怯えながら外交交渉を積み重ねて、それが外交文書として結果に残る。それがまた反日主義を強くしてしまう。

こういった負の連鎖がなぜ日本はいまだに日本国憲法を保持し続けたのかという説明ともなります。反日主義と上手くマッチングする日本国憲法を支持すること、護憲派こそ戦後日本で正統性を獲得しているのです。

改憲派の主張のほうが、論理的にみて合理性がある主張なのですが、護憲派には日本政府による公的な正統性の付与があります。護憲派の主張が強いのはこのためでしょう(了)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました