全体主義ってなに??この”迷惑”な言葉に苦しむ戦後日本の憲法学者

全体主義ってなに??反日憲法学者の苦悩憲法

司法試験を受験したことがある人は、何回も憲法学に関するテキストを読み直します。

テキストの文章中に”この部分は書いている著者本人もよく分かっていないんだろうな…”という発見は一度や二度でないはず。

よく分かっていないというか、憲法学者らが最も頭を悩ませているパワーワードがあります。

これは他の分野も含めて日本の社会科学系の学者は特に気にしてしまうワードがあるんです。

それは「全体主義」です。

このなにかアンタッチャブルな、摩訶不思議まかふしぎな言葉にいまだに付き合い続けているような学者は日本の学者くらいだと思います。

「地政学」もそうですが、全体主義もよくわからないまま感覚で使われる言葉です。

私と同じような疑問の方は多いはず。ここでは日本の憲法学者の”苦悩”を見ていきたいと思います。※実際の使用例をもとに解説していきます。

「全体主義」はナチス憎しというただの感情|ユダヤ人学者の私怨

全体主義と言う言葉は、誤解を恐れずに言えば、ユダヤ人の女性学者ハンナ・アーレントが自らを亡命させたナチスドイツを否定するため、自分たちユダヤ人を苦しめたナチスドイツを悪く言うためにだけ生み出した言葉。

本来はそこまで学問的に気にするような言葉ではないんです。

ただユダヤ人でナチスドイツと闘った女性学者がいたんだなくらいの認識でいいのです。

”よほどナチスドイツを恨んでいたのだな笑”という感想とともに、私怨がらみの自分の感情を原体験にして学術論文を発表するのはいかがなものかと言う気もしますが。

しかし、戦争前後の時期は学会も当然戦争協力を求められ、こういう「研究」が出てくるのは自然な現象です。

例えば、日本を悪くレッテル張りするために、国家の御用学者として「菊と刀」を書いたルース・ベネディクトもそうです。

ベネディクト本人も自分の弟子たちにはこの著書を読まないようにと忠告していたらしいです。学者の矜持を捨ててでも、国民として国家に協力しなくてはいけないのはわかっている。

それでもベネディクト本人はやはり恥ずかしかったのだと思います。

ですので、結論を言えば「全体主義」という言葉は全く気にすることはないのです。

反日思想学者にとって「全体主義」は使える言葉!?

ですが、世界で唯一日本の社会科学系の学者はいまだにこのいい加減なワードと終始肩を寄せ合い、大切にしているのです。

日本は敗戦後、いわゆる反日的思想を持つ、共産主義・社会主義系の学者が学会を支配し、いまだにその風潮が言論空間の中で根強く残っています。

実はそんな彼らにとって、「全体主義」は非常に価値のある言葉だったのです。

現在「全体主義」という言葉は、個を捨てて、滅私奉公のような、全体の利益のために自己を犠牲にすることを悪しざまに表現しレッテル張りするためによく使われております。

みなさんも”全体主義的な〇〇はよくないものだ”みたいな表現は見たことがあるでしょう。

しかし、国のために自分を犠牲にするという、自己犠牲の精神はキリスト教の世界観でも最高の徳の一つです。

どこの世界のどの宗教でも、自分ではなく他人や社会を優先にするのは褒められたことなのです。日本と言う国でももちろんそうであり、この精神がある限りその国の将来は明るいでしょう。

だからこそ、反日的な思想を胸に抱いている戦後日本の学者にとって、この言葉は”非常に使える”と感じた。

日本の国民精神を叩くために有用だと。そういう背景がまたあるわけです。

日本の憲法学のテキストを少し覗いてみましょう。司法試験対策としても有名な憲法学のテキストから文章を引用してみます。※『』二重カギ括弧の部分が引用文です。

”全体の利益”を肯定できない日本の憲法学者の苦悩とは

『公共の福祉を全体主義的な思想を基礎にした「全体の利益」という意味に解することは許されないのはいうまでもない。戦時中にいわれたような国家のための「滅私奉公」というような考えは、日本国憲法の下では許されない』

このようにまず「全体の利益」とカギ括弧がつけられます。

『ある個人の人権を制限することにより、多数の個人の、人権とはいえないにしても重要な利益が、実現されるというような場合(たとえば街の美観を保護するために看板の規制を行う場合を考えよ)、ある程度までは人権制限が認められてもよいであろう。もちろん、その「重要な利益」は、個人を超えた「全体」の利益であってはならず、あくまでも個々人に着目した利益でなければならないし、~』

多数の利益であれば、それは全体の利益のことでしょう。しかし、全体の利益というのは全体主義で否定されている言葉なので、この学者は使うのを非常にためらっているのが見てとれます。

いちいち「全体」とカギ括弧を使うのは、この言葉の使用にまったく自信がないためです。

ともかくここまで「全体」という言葉に強くこだわりを持ちたいのであれば、テキストの他の部分でこの著者のいう全体の定義を明確に記さなくてはいけない義務がある。

しかし、この著者自身も漠然としたイメージで使用しているため、その説明が出来ない。する気もない。

『戦前、全体主義的な公益概念により「滅私奉公」を強要されたことを考えれば、公共の福祉を不用意に漠然とした「公益」と捉えると、同じ轍を踏みかねないから、人権間の矛盾・衝突と厳格に捉えておくのがよい、と考えたのも納得できる』

ともかく”全体主義的”なという表現が悪い意味で、それも特に具体的な説明もないまま多用されているのがよく分かる文章だと思います。

こういう文章が司法試験の代表的テキストで平然と記載され、こういった空気の中で日本の裁判官や検察官など司法界のエリート層が育つのは弊害となりましょう。

個人を尊重する一方で、戦前の個人をバカにする戦後日本憲法学者

もちろん私も先の大戦には直接参加していませんし、精神的な意味でもどこまで理解できているのかは分かりませんが、これほど戦争に出兵した個々の人達をバカにした発言はないと思います。

自分の命を懸けて、家族を代表する自分の近しい人たちの命を守るために出兵したのにも関わらず、「それはお前の意思ではなく、強要された結果だ」と言われるのですから。

このテキストを書いた学者は散々至る所で個人の尊重や個人の利益を守ると主張しているのに、戦前においてはその個人を決してみようとしないのです。

戦前にも戦後にも血の通った人間がいるのにも関わらず。

『公共の福祉とは、全ての国民を平等に「個人として尊重」するために必要となる調整原理あるいは公益とぐらいに捉えておけばよいであろう。もちろん、その場合の「公益」は、戦前のような個人を超越した全体の利益であってはならないが、~』

もう笑ってしまってはいけないのですが、この”戦前のような個人を超越した全体の利益”とは一体なんなのでしょうか?戦後日本人ならばなんとなくおどろおどろしいイメージで理解してくれたら助かる!という感じなのでしょうか?

これでもこの学者はまだ良心的なほうなんです。個人を超越していない、、、、、、、、、、全体の利益は大切だと主張しているので。

やはり全体の利益と言うものはあるんじゃないだろうか…という風には思ってはいるのです。しかし、全体の利益が大切だとは戦後日本の言論空間では書けないからどうしようかと悩んでいる著者の姿がよく想像できます。

日本の憲法学者が思考の外に締め出す”外から守られる”という思想

日本国憲法はその13条に”すべて国民は個人として尊重される”と書かれています。私もこの規定はいいと思います。

また絶対王政などに対抗して、議会が生まれ、たとえ国王であったとしても議会で採択された憲法には従ってもらうという考え。

政府の権力がその国の国民にとって歯止めが効かない横暴なものとならないように、その権力行使の仕方を法律によって規制するという立憲主義の考えも大切だと思います。

しかし、戦後の日本の憲法学者があまりに見落としている点があります。

あえて触れないだけかもしれませんが、それは国民は内からも守られなければなりませんが、外からも守られなければならないということ。内と外の両方から守られなくては、精神的にも経済的にも自由で豊かな国民一人ひとりの生活は守られないという事です。

よく日本の憲法学のテキストで記載されている個人の尊重などと言うのは、内から守られるという点に関する記載なのです。

ならば外から守られるというのはどういうことなのか?

外からの危険に対処できない憲法は欠陥品である

それは対外諸国からの侵略的行為から守られなくてはいけないという事です。そのために国家が存在します。

過去の歴史に学べばわかる通り、大日本帝国と言う近代的国家が生まれた理由は、まさしく私たち日本人の生存のためでした。

対外諸国からの侵略的行為から自分たちの身を守るために近代的国家を作った。でなければ、あれほど大規模な内戦をしてまで作ったりしないでしょう

外から守られてこそ、次に内から守られることも考えられる。だからこそ、いざ外からの危険があったときには、その危険に対処することも憲法はしっかり考えておかないといけない。

その危険に対処出来ない憲法であれば、それは欠陥品であるという事です。

滅私奉公、自己犠牲の精神はどこの国でも常に必要とされております。外から守られるには、国民が一丸となって戦争に参加し、戦い、勝利に導かなくてはいけないからです。

諸外国と戦う国民精神の涵養かんようです。自国政府は、そのための国民精神を国家教育など様々な領域で国民に施さなくてはいけないし、また国民自身もその必要性を自分たちで理解する必要があります。

政府の横暴など内から守るための仕掛けも確かに重要ですが、外からも守られなくてはいけないことを決して見落としてはいけません。

※日本の安全保障に関する問題点としては次の記事をご参照ください。

まとめ:イメージ先行で意味も分からず使用される「全体主義」という言葉

結論を言えば、みんな意味もよく分からずイメージ先行で「全体主義」という言葉を使用しているのです。全体の利益のために滅私奉公するのは重要であるのはわかっています。

ただ日本の憲法学会の”迷走”をバカにするのは簡単ですが、事はそんなに単純なものではありません。

もちろん「個人を超越した全体の利益」という意味不明なパワーワードがイメージ先行で語られるという言語空間は変えられる必要はあります。

しかし、反日的思想を持った左派系の学者が現在も日本の学界を牛耳っており、彼らに逆らうような研究をすれば学会から締め出しを食らうという恐怖が常に彼ら自身の中にはあります。

また学会と言うのは非常に狭い世界であり、皆が親戚みたいな人間関係にあります。政治家と同じで、「2世教授」や「3世教授」というのもざらです。

だからこそ先達の研究や論文をそのまま引き継ぎ、先行研究を批判的に乗り越えるのではなく、それを補強するだけに留まるような状態に陥ることも多いのです。

この話をすると決まって「一成(いっせい)君は独り身で養う家族だっていないし、この業界で飯を食べているわけではない。しかし、私は~」となります。

憲法学だけでなく、日本の学界を蝕み続けている「全体主義」という言葉の価値を少しでも下げることになればこの記事にも少しは意味があるのでしょうか(結)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました