中選挙区制(地方議員 選挙制度)-日本の選挙制度は世界の物笑いの種に

選挙
Photo by History in HD

私の地元の地方議員選挙は、毎回過去最低の選挙率を更新し続けております。

無投票当選も多く、誰も関心がないのです。

ですが、世界の学者からは全世界の選挙システムとは異なる、かなり珍しい選挙制度であると注目(?)されているんです。

地方議員の選挙制度(中選挙区制)に慣れ親しんでいる私たちからすれば少しピンとこないかもしれません。が、選挙制度もそうですが、その地方政府の制度設計もまた珍しいんです。

でもただ珍しいだけ。優れているという評価を受けているわけではありません。

逆に地方議会の選挙制度はその低迷ぶりを説明する、構造的な問題も要因の一つだと思います。なぜ世界の学者から珍しがられているのか(≒バカにされている)のか丁寧に解説していきます。

政治制度の役割や機能に注目|選挙制度の議論の前に…

選挙制度と言うと、たんに技術的でささいな問題のように感じられる方が多いかもしれません。

しかし、20世紀を代表する哲学者のオルテガは”選挙制度が適切なら何もかもうまいくいく。そうでなければ何もかもダメになる”という格言を残しております。

確かに選挙制度のみですべてを語るのは単純にすぎると思いますが、選挙制度が議会運営/政治制度全般に与える影響は決して少なくありません。

選挙制度改革は常に各政党間で熾烈な争いになることがそれを象徴しております。選挙制度により各政党の当選者数が変動するのは事実です。

だからこそ日本では「党利党略」が優先し、各政党の妥協的な産物として現在の選挙制度が生まれました(ex. 小選挙区比例代表並立制)。

日本の政治学者・加藤秀治郎は、選挙制度の議論の前にその政治制度(ex.衆議院等)の果たす役割や機能に注目し、どのようなことが達成されるべきであるかを考えなくてはいけないと述べています(加藤秀治郎『選挙制度の思想と理論』/『日本の選挙』他)。

どのような議会を目指すのか?それによって選挙制度を設計する

具体的に言うと、次のような論理の構築です。

「日本は大統領制ではなく議院内閣制が採用されている。議院内閣制の下では、安定した議会政治の運営が求められ、そのためには”機能する多数派”(ワーキングマジョリティ)が形成されなくてはいけない。

よって、少数政党が乱立しやすい比例代表制よりも、小選挙区制(≒多数代表制)が日本の国会議員選挙の選挙制度として適切である」といった議論の仕方です。

※比例代表制/多数代表制のシステム、その根底にある民主主義的な理念に関してはここでは説明を省略します。もしご興味のある方は下記の記事をご参照ください。

地方政府の議会制度がどのような役割を担い、何を目指しているのか、その議論をしなくては適切な選挙制度を考えることができないということです。

その点の検証をなおざりにして、適当に選挙制度を考えればますます地方議会は混乱の度を高めるでしょう。

今げんざいの地方議会の現状を踏まえると、実際にそのようなことになっております。

まず変形型二次元的代表制という何を目指しているのかがよく分からない地方政府/地方議会が存在し、その上にこれまたなんら民主主義的理念を有していない”中選挙区制”というもの乗っかっております。

日本的制度ジャパニーズ・システムと嘲笑の対象となっている地方選挙制度(中選挙区制)

”中選挙区制”という制度は、世界で日本にしかなく欧米の学者からは”日本的制度ジャパニーズ・システム”と奇異な視点で語られているのです。

小中学校の教科書でいえば、コラム的な扱いです。テキストの基本的な項目では位置づけられない、”なにか変なもの”扱いをされております。

この中選挙区制も地方議員の質を低下させる主要な構造上の問題の一つです。

中選挙区制とは、大選挙区・単記・非移譲制・・・?

この選挙制度は、1994年に小選挙区比例代表並立制(現行制度)が導入される以前は、国政レベルでも採用されておりました。

中選挙区制は、大選挙区制で単記・非移譲式選挙制度とも言えます。

ひとつずつ具体的に解説していきますと、

まず大選挙区とは一つの選挙区で複数名当選者が存在すること。

単記とは、複数定数のところ一人しか記入させないこと。

非移譲とは、同一政党で得た余分な得票数を他の候補者に移譲しないこと(回さないこと)です。

欧米では閑な学者も考えたことがないような制度

大選挙区制や単記制など一つ一つの制度は他の国にもみられるのですが、

大選挙区・単記・非移譲を組み合わせた選挙制度が他の国には存在しないのです。ひまな学者が考えたこともないような制度なのです。

大選挙区・単記までならいいのですが、その上に非移譲制が付け加わるんです。

この非移譲制の余分な得票数を少し説明します。

まず有効投票数を議席数で割った値が当選基準です。つまり、議席数が10で有効投票数が1万だとすれば、当選基準は1000票となります。

○○党のAさんはダントツ人気で3000票取りました。となれば、その2000票を〇〇党のBさん(700票獲得)やCさん(300票獲得)に振り分けましょう、ということです。そうすれば〇〇党のAさんが獲得した2000票はムダにならないということですね。

しかし、中選挙区制は非移譲制なので、Aさんの獲得した余分な2000票が死票になってしまいます。

この中選挙区制の最大のデメリットは、日本の政治家をカネまみれのサービス合戦競争に終始させました。

なぜ議員さんは有権者にキャバクラやクラブ、飲み会などで大盤振る舞いをするのか、その理由が実はこの選挙制度にあります。

おカネをばらまくことが最も大切な「政治活動」|中選挙区制の弊害

日本以外の諸外国は、問題しか見当たらないこの”中選挙区制”という制度を導入するのはおろか、議論の対象ともしませんでした。

欧米の政治学の専門用語に”中選挙区制”がそもそも存在せず、Japanese Systemジャパニーズ・システムとからかわれております。

ある自民党の地方議員は、”実は自分と同選挙区の自民党議員さんよりも、共産党議員さんのほうが仲がいいんだ”と言っております。それはどういうことか?

同じ政党の候補者がライバルとなる不思議な選挙制度

まず中選挙区制では、小選挙区と違って政党・政策本位での選挙とは到底なりえません。

なぜなら、複数名の当選者(大選挙区制)が出るのですから、同一政党からも複数名立候補するからです。

となれば、○○党からも複数名候補者が立候補することになりますが、○○党支持者の方は1票しか投票(単記式)できなくなります。

また同一政党の一人の候補者が取り過ぎた余分な得票を他の同一政党候補者に回せない(非移譲式)ので、同一政党だからこそ有権者の奪い合いになるのです。

つまり、”〇〇党のAさんではなくて、同じ○○党の私(B)にいれてください”と地元の有権者の方にいわなくてはいけないわけです。

クラブの飲み会など接待費で飛んでいくお金も多い(現職地方議員の話)

このように中選挙区制は他政党の候補者よりも、同一政党の候補者の方がライバルになるわけです。

先の例でいえば、〇〇党の支持者の方はAさんでもBさんでもどっちでもいいわけなのです。

となれば、政策を競う政党本位の選挙とはならず、候補者個人がカネを大量に使って選挙運動をするしかありません。

私の知人の地方議員の一人は次のように語ります。

”確かに給料(歳費)も高いけど、地元有権者の方の冠婚葬祭での出費、クラブでの飲み会の接待費など飛んでいくお金も多い。そんなに残るものではない。カネはあればあるだけいいんだ”と、

地元有権者にふんだんにおカネをばらまかなくては当選しない中選挙区制の実態をものの見事に表現してくれております。

まとめ

結論として、中選挙区制という地方議会の選挙制度は、”おカネをばらまく”ことを現職含む立候補者に強力に訴えかけるインセンティブが働いているのです。

キャバクラやクラブでの接待費/交際費に使用するために政務活動費を不正受給していたとして、逮捕される地方議員が後を絶たない理由もここにあります。

おカネをばらまくことが、彼ら地方議員の最も重要な”政治活動”なのです。

逮捕されて職を失った議員とそうでない議員の差は、その線引きを”上手く行えなかった”議員と、上手くやっている議員の違いといったところでしょうか。

もちろん有権者にお金をばらまくことを奨励する選挙制度に民主主義的な価値など何一つありません。

ですので、現在の”中選挙区制”というなんの民主主義的な理念も欠如した、問題だらけの選挙制度を今後も採用し続ける限り、地方議員の質の向上は望めないということです。

地方議員が腐敗する理由の一つは、間違いなくこの中選挙区制という選挙制度にあります。

彼ら地方議員にとって最も大切なことは選挙に当選することなので、選挙制度の与える影響はものすごく大きいのです。

腐敗した議員の拡大は、有権者の更なる地方政府/地方政治の無関心へといざなうでしょう(了)。

※地方議会に関してはぜひこちらの記事もお読みください。

60秒で読める!この記事の要約!(お忙しい方はここだけ )

要約
  • ”選挙制度が適切なら何もかもうまいくいく。そうでなければ何もかもダメになる”(オルテガ)の格言にある通り、選挙制度が政治制度に与える影響は大きい
  • 選挙制度の前に、地方議会の担う役割・機能に注目すると、変形型二次元的代表制というなんら民主主義的な理念が見えてこない制度がまず存在する。その上に”中選挙区制”というこれまた何の意義も見当たらない選挙制度が乗っかっている
  • ”中選挙区制”は欧米の学者から「日本的制度」と嘲笑の的となっている。欧米ではそもそも導入はおろか議論の対象にもなっておらず、該当する専門用語もない
  • 中選挙区制は、大選挙区制で単記・非移譲式選挙制度であり、同一政党で同士討ちをさせ、おカネを地元有権者にばらまくことが唯一の「政治活動」となっている。当然地方議員を腐敗させ、有権者の地方政府無関心に拍車を掛けている

コメント

タイトルとURLをコピーしました