最低限!これだけ!一元的代表制(議院内閣制)と二元的代表制(大統領制)の違い

政治改革
Photo by Marco Oriolesi

2020年1月に台湾で総統選が行われ、民進党の蔡英文総統が当選しました。

台湾では総統を住民が直接選んでいるので、これは二元的代表制(大統領制)のはずです。

大統領制をはじめとする二元的代表制では、議会VS政府(大統領)となるので、議会と大統領の所属政党が異なることが多いです。しかし、同日選挙の議会選挙でも民進党が多数派を占めました。

それでちょっと台湾の政治制度はどうなっているのかなと疑問に思いました。

新聞の政治欄はあまり丁寧でないですよね。。

一元的代表制(議院内閣制)や二元的代表制(大統領制)とはそもそも…??

それぞれの政治制度をわかりやすく解説しながら、どのように政治運営が効率よくなされるのか、実態はともかくとして今いちど考えてみたいと思います。

有権者がいくつ代表を選べるのか?|一元制と二元制の違い

一元や二元というのは、有権者が代表を選べる個数を指しております。日本では一元的代表制です。一つの代表しか選べないということです。

代表と言うのは、それぞれ立法府と行政府(政府)のことを指し、日本では行政府の代表は選べず、立法府の代表のみ選べる政治システムとなっております。

内閣総理大臣や大統領など、国のリーダーを直接選べないのが一元的代表制です。一方で、有権者が行政府の代表(大統領)も選挙で選べて、議会議員も選挙で選べるのが二元的代表制です。

一元的代表制は議院内閣制、二元的代表制は大統領制がそれぞれ有名です。

これだけは押さえておきたい!議院内閣制と大統領制の違い

両者の違いは、立法府での法律案に対する決議・表決システムです。

立法府において一番重要なのは”議事”。どのように法律案を提案、審議し、表決はどうするかという手続きが重要です。

日本のように一元的代表制、つまり議院内閣制では政党投票(party voting)が当たり前です。党議拘束とも言われます。

国会法など法的には、各議員は自分の好きなように賛否を表決で決めていいのですが、政党ごとに賛否をあらかじめ決めておいて、それに所属政党議員は従うというものです。

一方で、大統領制の下では党議拘束はありません。議員が自由に賛否を表明します。

党議拘束は、一見すると自由な審議・表決を禁ずるように思えますが、これは”議院内閣制”というシステムからも当然要求されることであります。※党議拘束は後ほど具体的に説明します。

今さら聞けない!議院内閣制とは??

この議院内閣制というのは、責任内閣制とも言われ「内閣が議会に対して責任を負う」制度のことです。言いかえると、「内閣の存立は議会の信任に依拠する」ということです。

具体的に説明します。

日本では一元的代表制であり、内閣総理大臣は有権者ではなく国会議員が選びます。議会が選んだ人が内閣総理大臣となり、内閣を組織するわけです。

議会には内閣不信任決議権が与えられており、もし議会が”あの人が総理大臣ではダメだ!辞めさせるんだ!”と判断すれば、それが出来るシステムとなっております。

つまり、内閣の存立は議会の信任に依拠するということです。

一方で、内閣には議会の解散権を与えられており、自らを不信任した議会に対して解散させ、国民に信を今いちど問うのだという反撃方法も用意されております。

議院内閣制で安定した政治運営を行うには、議会から強固に支持されることが不可欠で、内閣(政府)は議会に自分たちを支えてくれる支持集団をつくろうとします。

これがいわゆる政党で、議院内閣制から政党内閣制とういものが自然発生的に生ずるのです。

その政党が議会多数派を取り、一般的にその政党の党首が内閣総理大臣となり、内閣を組織するのです。内閣は議会与党の委員会である(W. バジョット)という言葉もあります。

党議拘束は政治的無責任を回避する手段!?

党議拘束が存在する大前提として、まず政党そのものが存在することが挙げられます。

日本が採用する議院内閣制のもとでは、必然的に政党内閣制が生まれ、政党単位で議会の運営が語られることになります。

新聞の政治欄を見ても、政党抜きでは政治が語られないといっても過言ではないでしょう。

一方で、大統領制のアメリカでは共和党や民主党が存在するのに、党議拘束はありません。一般的に、一元的代表制を採用する議院内閣制のもとにのみそれは存在します。

党議拘束とは、有権者に対する政治的無責任を回避し、政策実現を効率よく達成するシステムだからです。より具体的に説明します。

党議拘束が存在する大前提としての政党の存在ですが、これは私たち有権者にとってもありがたい存在となっております。

有権者の方が選挙に行くうえでの投票行動を分析すると、”普段から支持する政党がある”や”各政党がかかげる政策や姿勢などを比較検討して決めた”というのが主な投票行動になります。

私たち有権者にとっても、各政党がもしすべて解散し、なくなってしまったら非常に不便なことになります。

政党を成立させるための手段でもあるのが党議拘束というシステム

正統の存在意義は、”政党の主張する政策”にもあります。その政策に賛成し実現することを願って投票した、と有権者の方は言っているのです。

現行憲法では多数決による表決を確認しており、政党の顔ともいえる政党党首にも各議員と同じく1票が振り当てられております。

もし党議拘束をなくしてしまうと、党首の主張も多数の中の一つでしかなく、これでは党首も政党もなくなってしまいます。

その政党の政策を支持したから投票したのに、その政策を実現する上での担保が何もないとしたら、それは有権者の方にとっても非常に無責任に映るでしょう。

ですので、党議拘束がなければ、政党と言う存在自体が成り立たなくなり、どのような政策が実現されるかもまったく不透明になってしまうのです。

もし党議拘束がなければ、有権者の政党選択の意味がなくなってしまうのです。

党議拘束により、政党を成立させ、その政治責任(≒政策)の実行可能性を担保することが、私たち有権者の意見や利益を実現する上でも不可欠なのです。

一見すると自由な審議・表決をむしばむ制度に見える党議拘束ですが、決して不要とはならない明確な存在意義もあると言えるでしょう。

交差投票(cross voting)を採用する大統領制

二元的代表制の大統領制では、そもそも党議拘束(=政党投票 party voting)が存在しません。

政策・法案ごとにそれぞれ賛同者が集まり多数派を形成することになります。

その表決方法は交差投票(cross voting)と言われ、一方の政党議員の過半数と、もう一方の政党議員の過半数とが対立している状況です。

アメリカで言うならば、共和党の51%が賛成(49%が反対)し、民主党の49%が反対(51%が賛成)しているような状態です。日本では党派分裂を起こしている状況が、”常態”となっております。

では議院内閣制で説明したように、党議拘束がなければ政策が実現されない、安定した実効性のある民主政治が成立しないのかといえば、そうではありません。

その政治制度の違いは、表決のみではなく、議会と政府の関係にも表れております。

議会の信任に依拠しない独立した行政権を持つ大統領

議院内閣制の日本では、議会の多数派から内閣が組織されるので、議会と内閣の間に対立関係が存在することがありえません。

ですが、大統領制の下では議会VS政府(大統領)という構図が常に現れます。

アメリカでは、一般に共和党の大統領の際は、議会の多数派は民主党であることが多いのです。

とはいっても、議院内閣制と違い”大統領の不信任決議”なるものが議会に存在せず、また一方で”議会の解散権”も大統領には与えられていません。

両者はそれぞれ独立しており、大統領と議会の権限があらかじめ明確に規定され、その権力の分割と抑制均衡が大統領制の基本的特徴となっております。

大統領は議会の顔色を窺わないで自由に行政権を行使できるのです。

日本と違い、両者が手をたずさえて議会運営をおこなうという前提がそもそもない。アメリカの大統領には閣法(政府提出法案)が認められておらず、100%議員立法となるのも日本とは異なります。

しかし、これは制度上の建て前でしかなく、大統領は自分で法律案を作成し仲の良い議員にお願いし代理で法案を提出してもらっています。

政党投票がない。つまり議員が一人ひとりの意思で投票をするというシステム。大統領はいくらでも切り崩し工作を行えます

仲の良い議員に電話をしたり、ご飯やゴルフに誘って自分の通したい法律に議会で賛成してくれるようにお願いすればいいだけです。

まとめ

結論として、一元的代表制などの一元や二元とは有権者が国の代表を選ぶ個数のこと。前者が議院内閣制、後者が大統領制である。

議院内閣制は内閣の存立が議会の信任に依拠するということ。政党内閣制が必然的に生じ、党議拘束が政党の成立のため、議会運営のために必要となる。

一方で国民に直接選ばれる大統領は、議会に解任されることもなく、その地位は一定期間保障され、議会からの信任と言う依拠にはよらないで、独立した行政権を行使できる。

議院内閣制の内閣総理大臣とはまったく与えられている権限が違うということですね。

しかし、その行政権が肥大化し議会に対する法案の拒否権(veto power)のみならず、大統領勅令により立法権も手にしてその権力均衡が崩れ、

やがてはクーデタや軍事独裁政権が誕生し、民主政治が崩壊することもラテンアメリカ諸国では見られました。

一般に、議会制と大統領制のどちらがより良い制度であるかという質問は、非常に答えにくい質問です。

議院内閣制も大統領制もいろいろとあるので、機能していない議院内閣制もあれば、機能している大統領制もあるからです。果たして、台湾の場合はどうなっているのでしょうか(了)。

※日本の地方議会は一元的でも二元的でもありません。実はかなり珍しい制度なのです。ご興味のある方は次の記事をご参照ください。

60秒で読める!この記事の要約!(お忙しい方はここだけ)

要約
  • 有権者が立法府の代表しか選べないのが一元的代表制、立法府と行政府の代表を二つとも選べるのが二元的代表制である。前者が議院内閣制、後者が大統領制を指す
  • 議院内閣制は責任内閣制とも言われ、内閣の存立が議会の信任に依拠する。その議院内閣制から政党内閣制が自然発生的に生じ、政党が成立するには党議拘束が必要となってくる。この有無が大統領制との違いともなる
  • 党議拘束は、議院内閣制において有権者に対する政治的無責任を回避する上で、なくてはならない手段である
  • 一方で、大統領制は交差投票が採用され、各政党議員が自由に審議し表決する。しかし、議院内閣制とは違い、大統領は議会の信任に依拠せず、独立した行政権を行使する。どちらの制度がよりベターであるかは、非常に難しい質問と言えるだろう

コメント

タイトルとURLをコピーしました