【政治初心者向け!】自衛隊は軍隊ではなく○○!?海上警備行動も○○活動?

政策争点
Photo by isa_kitaQ

「自衛隊はいつものろのろしている」

日本政府の対応にも問題がありますが、そんな印象をいつも受けます。

そもそも日本国憲法第9条により、日本は軍隊をもつことを認められておりません。

つまり、自衛隊は軍隊ではなく、自衛隊の活動も軍事行動であってはならないということです。

これが自衛隊を機能不全状態にさせており、何をするにしても「のろのろしている印象」を与える理由のひとつです。どんな組織においても迅速な行動が第一であるのは言うまでもありません。

たとえば、2019年12月27日の閣議で、中東海域での航行の安全確保のため、海上自衛隊の護衛艦1隻と哨戒機部隊の独自派遣が決定されました。活動期間は20年12月26日までの1年間。

中東海域で、日本船籍含む民間のタンカーなどが襲われる可能性があり、その場合は日本も”武器使用”を伴う海上警備行動を発令し、「不測の事態」に対処するとのことです。

ですが、今回の派遣の根拠法は、防衛省設置法の「調査・研究」であり、情報収集目的を名目とした「調査・研究」という形式で派遣するとのことです。

危険度が低いのであればともかく、もうすでに日本の会社が運航するタンカーが、中東のホルムズ海峡で攻撃されています。

そんな状態の中、「調査・研究」というのですから、「のろのろしている」といわれても仕方がないでしょう。

なぜ自衛隊はいつも迅速な行動がとれないのでしょうか。「調査・研究」形式という”おかしな”派遣もその一つです。この記事は、そのおかしな行動の理由とともに、自衛隊の役割を一から解説していきます。

※この記事は政治初心者の方、選挙権を得る新成人の方向けの記事です。自衛隊という組織の役割、実際の活動、問題点など丁寧にわかりやすく解説していきます。

日本国憲法第9条により、自衛隊は機能しない!?

日本国憲法第9条で、日本は軍隊も交戦権も放棄・否認していますので、自衛隊は存在自体がグレーゾーンです。

よって、自衛隊の活動は常に法的根拠があいまいとなります。法的には軍隊が存在しないのですから、当然軍事活動だって存在してはいけないのです。

たとえば、今回の自衛隊中東派遣も、民間船舶護衛など軍事目的として派遣すると憲法に違反してしまいます。

そこで、その法的根拠を防衛省設置法第4条の18〔調査・研究〕という、中身と形式がまったくつり合わない法律で説明することになります。

下記に、防衛省設置法の関連条文を掲載します。

☆防衛省設置法☆  

第1条(目的)この法律は、防衛省の設置並びに任務及びこれを達成するため必要となる明確な範囲の所掌事務等を定めるとともに、その所掌する行政事務を能率的に遂行するため必要な組織を定めることを目的とする。

第4条 防衛省は次に掲げる事務をつかさどる。その18 所掌事務の遂行に必要な調査及び研究を行うこと。  防衛省設置法

本来であれば、日本国憲法第9条を改正あるいは破棄し、自衛隊を軍隊とし、その軍事活動に法的根拠を与えるべきかもしれません。

そして、法的根拠が不明確なまま現地に派遣される自衛隊員は、現地で苦しい立場に置かれることになります。法的根拠が不明確とは、「なにをどこまでしてよいのか?」という線引き(ルール)がよくわからないということ。

このような状態の中、海外派遣される自衛隊員やそのご家族としてはたまったものではないでしょう・・・

海上警備行動では無線やスピーカーで警告しか出来ない…

中東派遣では、調査・研究名目で派遣されました。しかし、それは建て前であり、本来の活動は日本船舶含む民間船を襲撃から守ることです。

調査・研究名目の派遣で、本来の活動が遂行できるのでしょうか。

いざとなれば海上警備行動を発令するとありますが、この海上警備行動とは何でしょうか?

自衛隊法第82条(海上警備行動)は、

海上における人命若しくは財産の保護又は治安の維持のため必要がある場合は、内閣総理大臣の承認を経て海自は必要な行動を取れる

と定めております。

ですが、海上警備行動はあくまでも警察権での対処であり、その武器使用は正当防衛や緊急避難しか認められておりません。

つまり、海上警備行動はもともと日本の管轄区域での活動が想定されています。日本の警察と同じです。

したがって、ホルムズ海峡付近で外国船舶が襲われている場合、日本の自衛隊は救助に向かえません。無線やスピーカーで警告するくらいの行動しか出来ないというのが防衛省の見解です。

これでは、かえって国際社会での日本の信用を低下させてしまうのではないでしょうか。

軍隊と警察の違い|海警局に軍事的権限を与えた中国の意図

今回の自衛隊中東派遣で「外国船舶は救助しません」ということに対する国際的批判は当然として、自国船舶は守れるのでしょうか?解答はNOです。

大手メディアも全く報道しませんが、まず基本知識の整理として、警察と軍隊との違いです。

軍艦など装備の点もそうですが、法的にまったく性質が違います。軍隊と言うのは国際法とても大きな権限が与えられているのです。

たとえば、尖閣諸島で対立する日本と中国。中国は、2018年7月に中国版海上保安庁の艦船部隊を軍事組織の傘下に入れました。

大手メディアは「日本への圧力を高めてきた」と報じていますが、若干中国の意図するところを間違えています。

中国は、これまで海警局(海上警察)という組織。つまり、日本の海上保安庁のような権限で活動していました。それを軍隊の行動とすることになったのです。それは決定的に事態を変えます。

国際法上、軍隊は公船に対して撃沈する権限を唯一与えられております。

一方で、警察権というのは、あくまでも自国内での法執行活動しかできません。自国の法律の範囲外に対して何もできません。

つまり、明らかに外国の公的な任務を帯びており、その国の主権に基づいて行われている活動や対象には何もできないのです。警告を与えるのみ。

ですから、中国は今後、海上保安庁の船に対し撃沈できる法的根拠を、海警局などの自国船舶に与えたのです。

一方で、自衛隊の海上警備行動は警察権での行動・対処なのです。もし、海上保安庁の手に余り、自衛隊に出動を要請した場合でも、中国の海警局(軍隊)に対抗できません。

しかし、軍隊の権限をもつ中国の海警局は自衛隊の船を堂々と撃沈できます。

国際法上で最強の権限を与えられている○○を持たない日本政府!?

もしイランなど外国の公船や軍隊に襲撃されたら、海上警備行動(警察活動)で対処する自衛隊が一歩も二歩も出遅れるのは目にみえております。

国籍不明の海賊や民間の武装勢力に対しては実力行使は可能かもしれませんが、その判断が出来ません。

米国は明らかに「イランが関与している」「イランの国軍が動いている」と主張しています。つまり、海賊と思ったら国軍だったということもありえるのです。

そのような混とんとした状況、民間の武装勢力だけでなく、外国軍の動きも見え隠れするような状況だから、

どこの国も、国際法的に最強の権限を与えられている軍隊を派遣します。軍隊であれば、警察と違って、他国の軍隊・公的組織を堂々と攻撃できるからです。

日本は国際社会のきわめて初歩的な問題に対し、0点解答をしているのです。

自衛隊という「警察」で対処しようとしているのですから。これではまったく対応できません。

日本国民の皆さんの中には、軍隊など持たなくてもいいと今まで思われていた方はたくさんおられると思います。

しかし、国際法上で最強の権限を与えられている”軍隊”を持たないのは、国際社会での大きなデメリットです。

法的に警察では絶対に対処できない領域があるんです。

そのため、諸外国は軍隊を保有しているのです。諸外国は軍隊をべつに危険な存在とは思っておらず、必要だから保有しているのです。

他国をいじめるためというような子供っぽい理由で、軍隊を保有しているのではまったくありません。

【大問題】防衛出動は役に立たない!?国際音痴と笑われる日本政府・・・

自衛隊も防衛出動により「軍事行動」が認められているという見方もありますが、

日本では、自衛隊法第76条1項にて総理大臣の承認を経て防衛出動命令を発し、

その後、自衛隊法第88条にて我が国を防衛するための武力行使を行える、とあります。

その武力行使は国際法上の自衛権によってのみ正当化され、その自衛権行使のルールを、

いまでは死文化されている、、、、、、、、国連憲章第51条の武力攻撃発生時のみ、自衛権発動は認められるとし、

その自衛権を国内法と整合する形で、必要以上に自衛権行使を厳格化しております。

実は、諸外国は、これとはまったく違うことをしております。

自衛権行使(武力行使)の新三要件から説く!日本政府の外交音痴・・・

日本政府の「迷走」はまだまだ続きます。

当時・安倍内閣が、2014年7月1日に閣議決定した自衛権の新・三要件の一つは、

我が国に対する武力攻撃が発生したこと、又は我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険があること  武力行使の新三要件

とされております。自衛権の三要件とは、自衛権を行使する場合の条件のことです。

まったく国際音痴としかいえない外交政策上の大失態です。

いったい「国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から~」という事態は、具体的にどんな状況なのでしょうか。これでは必要な時に素早く行動できるとはとても思えません。

国際社会では、自衛権行使のルールはもっとシンプルです。必要性と均衡性の原則。それだけです。

つまり、必要性の原則とは、軍隊でしか対処できないような事態、あるいは緊急性があり軍隊でしか対応できないときに発動する。均衡性の原則とは、その軍事行動が他国のそれと比べ過剰にならないように発動する。

当時の安倍政権も含め、これまでの日本政府の自衛権行使はまったくナンセンスです。

そもそもいつどのように自衛権を行使するのか、それは自国の作戦をばらすようなこと。公表するようなものでもありません。

「我が国は国際法上の自衛権に従って、武力行使をします」

諸外国はこれしか言わないのです。これが当たり前です。日本政府が外交音痴・国際音痴と笑われるのは当然だと思います。

自衛権行使を現場の兵士から取り上げる日本政府??

また、自衛権は軍の兵士が現場で活動する法的根拠でもあります。

たとえば、兵士が戦場で敵に遭遇したら、銃撃し撃退します。

その法的根拠になるものが、各兵士に与えられている自衛権です。にもかかわらず、国際音痴の日本政府は、

憲法上、建前としては、日本に軍隊も兵士も存在しないのです。だから兵士に対する自衛権などそもそも考えられません。ですから、自衛権は、本来は行使する機会がまったく存在しえないものでして、

一般の兵士から取り上げて、自分たち政府が自衛権はとりあえず○○なものと決めてみました。ちなみに、○○は私たちもよくわかっておりません笑

という状態にしております。

アメリカなどは、作戦ごとに交戦規定(ROE)を定めて、最前線の兵士ひとりひとりに行使しうる自衛権を説明しております。つまり、「こういう場合には撃ってもよい」というルールです。

また、それを一枚のカードにして、個々の兵士に持たせているのです。

アメリカだけではなく、諸外国ではこれが当たり前です。

※交戦規定(ROE)に関しては、ぜひこちらの記事もお読みいただけるとうれしいです。

交戦規定が不明瞭|能登半島沖不審船事件からみる日本のシビリアンコントロール
交戦規程が日本の自衛隊では曖昧である。1999年の能登半島沖不審船事件は自衛隊がみすみす北朝鮮不審船を取り逃がした。交戦規程が明確でなく、効果的な武器使用が出来なかったためだ。交戦規程はシビリアンコントロールとも直結する。これは大問題である。

およそ100年前の軍事的状況を想定する日本政府・・・

一方、日本政府の自衛権行使の新・三要件は、何とすでに死文化している国連憲章第51条にいう武力攻撃を要件の中身に含めております。  国連憲章 全文|国連広報センター

そして、国際音痴の日本政府は、

武力攻撃とは何十万もの敵国軍隊が攻めてくるような状況である

と、今から100年近く前の軍事状況でのみ通用する見解をかかげております。

現代では、弾道ミサイルが飛び交うような戦い。そんな「何十万もの敵国軍隊」という状況が開戦となるような状況は起こりえないし、

それを武力攻撃と認定するのであれば、日本の反撃は決定的に遅れてしまいます。

議論の内容があまりにも古いんです。100年近く前の前近代的な議論をしているのが、今の日本政府でしょう。

日本の海上警備行動も防衛出動も現代の国際社会ではまったく通用しません。日本船舶も日本国の安全もなに一つ守れないでしょう。

まとめ

日本国憲法第9条は、軍隊を放棄し、交戦権も否認しております。つまり、自衛隊の法的根拠は憲法上になく、存在自体もそうですが、常に何をするにしてもグレーゾーンの状態です。

さいきん憲法改正により、自衛隊を日本国憲法に明記するという議論があります。

しかし、自衛隊は軍隊ではない、別の「なにか」であると証明されるだけでしょう。

結局は、自衛隊が軍隊として認められるわけではありません。国際法上、軍隊と警察には大きな違いがあり、軍隊は国際社会で最強の権限を与えられております。

諸外国が国際問題に軍隊を派遣し、決して軍隊を放棄しないのは、「他国をいじめる」という子供っぽい理由では決してありません。諸外国は、軍隊が必要だから保有しているのです。

結論として、いまの自衛隊という組織ではダメなんです。軍隊としなければだめです。

そうしなくては、今後も日本政府は国際社会の問題に対し、後手に回り続けます。

これは、毎年5兆もの国防費を今後もどぶに捨て続けることになります。

海上自衛隊の中東派遣もそうですが、軍隊の出動が必要とされるような国際事態に対し、

装備はともかく、法的権限の面で非常にあやふやな自衛隊を海外に派遣するのは大問題です。たとえば、海上自衛隊の海上警備行動では、正当防衛や緊急避難でしか武力行使ができません。

これではつねに敵側の第一撃を容認することとなります。

そして、外国軍隊や外国の公的な船舶に対し、海自は一方的に撃たれるしかありません。

海自が攻撃されて「格好の的」となっている間に、民間の日本船舶を逃がすという作戦しか取れません。自衛隊艦船は非常に苦しい立場に置かれることになります。

自衛隊を軍隊と定めず、ただ軍隊ではない「別のなにか」という状態にする憲法改正。これは自衛隊員を非常に苦しい立場のまま固定化することにもなります。

それでいいのかと、本来は選挙戦で政治家が訴えかけなくてはいけない問題です。今このときこそ、自衛隊の役割や法的立場に関しよりつっこんだ議論が必要です(了)。

※自衛隊と憲法9条に関しては、ぜひこちらもお読みいただけるとうれしいです。。

60秒で読める!この記事の要約!(お忙しい方はここだけ)

要約
  • 日本国憲法9条により法的には「軍隊」が存在しない日本。とうぜん軍事行動も存在してはいけない。たとえば、海自の中東派遣でも「調査・研究」名目での派遣となってしまう
  • また、海自による海上警備行動(警察権の行使)では、外国軍隊や公船には対処できない。国際法上、軍隊や公船相手には軍隊しか対処する権限が与えられていない
  • 自衛隊法第76条、第88条の防衛出動は自衛権とリンクしており、その自衛権行使は100年前の国際軍事的状況を想定している古い議論。「何十万もの敵国軍隊が押し寄せてきた場合」を想定している。これでは自衛隊は迅速な防衛行動がとれない
  • 国際法上、軍隊と警察はその機能・権限が大きく違う。自衛隊を「軍隊ではない別種の組織」と定めるのは、国際的にデメリットしかない
  • たとえば、中東派遣などの自衛隊の海外派兵のケース。もし外国軍隊か公的な組織に、民間人・民間船舶が襲われても、自衛隊は必要な反撃が出来ない。一方的に攻撃される「格好の的」となるくらいで、民間船舶などが逃走する時間稼ぎしか出来ないのが現状である

 

※自衛隊に関して、もっと知りたい方におすすめの書籍はこちら!ぜひご参照くださいませ。

    

コメント

タイトルとURLをコピーしました