政策争点

政策争点

斎藤元彦兵庫県知事の「完全勝利」元局長の自殺でパワハラ疑惑は闇の中へ

2024年3月中旬。兵庫県職員の告発文から発覚した、兵庫県の斎藤元彦知事の悪質なパワハラ疑惑。 内部告発者の「嘘八百」と斎藤知事が一蹴。その後の杜撰な内部調査でも否定され、いったんは事件が「解決」しました。 ですが、兵庫県議会のとある議員が...
政策争点

横田めぐみ法案(北朝鮮拉致事特別措置法の私案)

北朝鮮拉致事件解決に向けて、解決方法は2つあると思います。 ①拉致被害者が日本に自由な意思のもとに帰国すること。②法整備等含めて再発防止策を講じること。 重大な事件・事故が起こった際は、今後に向けて再発防止策を取るのが自然な流れです。 刑事...
政策争点

帝国海軍はなぜ負けたのか!?レイテ沖海戦の栗田艦隊「謎の反転」からみる真相!

「日米戦争は無謀な戦いで、当時の日本政府は愚かな選択をした」 とくに分析もせず、結論ありきの議論が日本ではまかり通っています。 一方、欧米の学者の中には、日米戦はアメリカが日本に戦争以外の選択肢を残さなかったので、 日本政府は合理的に戦争を...
政策争点

【検証】米兵犯罪は日本人犯罪より本当に少ないのか!?統計から読み解く!!

米兵犯罪は、一般日本人の犯罪率と比べて決して高くないという主張があります。およそ国民の感覚とかけ離れておりますが、事実でしょうか。警察庁や沖縄県警の統計データをもとに検証していきます。米兵犯罪の発生要因も含め、丁寧にイチからわかりやすく解説!!
政策争点

在日米軍基地では、業者でさえ裁判権免除の特権が与えられる

2016年、沖縄県うるま市で米軍の、日本人女性に対する強姦殺人事件が起こりました。 正確には、米軍人ではなく、米軍に雇われている業者が起こした事件。一般に、うるま市強姦殺人事件と言われております。 日本でも、地方自治体から仕事をもらっている...
政策争点

風船爆弾と原爆投下は同レベルの戦争犯罪?なにが国際違法行為に当たるのか?

国際人道法は、戦争犯罪を裁く国際法です。しかし、なぜ戦争犯罪を防げないのでしょうか。国際社会の構造的なシステムからわかりやすく解説!ただ理念として「戦争犯罪はよくない!」と語るだけでは何の解決にもならないのが事実。これでは日本の非戦の語り部と同じです。
政策争点

関東大震災朝鮮人「虐殺」肯定派のバイブル 吉村昭『関東大震災』を斬る!

私も東日本大震災で経験済みですが、被災者はほんとに情報が届きません。新聞も止まり、電気・水道もすべてやられて、当然テレビもネットも使えない。 一方、被災地以外の人たちがテレビなどの連日のニュースで、被災状況をよく知っていたのだから。事実は小...
政策争点

在日米軍の危険な低空飛行訓練とは 爆音・騒音被害!墜落の恐怖!

超危険な在日米軍の低空飛行訓練。在日米軍基地が存在する地方自治体では、低空飛行訓練を中止するように、改善要求の意見を政府に毎年訴えております。 特に、米軍は演習地(訓練空域)以外でも低空飛行訓練を行い、地域の住民に爆音・轟音被害、墜落の恐怖...
政策争点

交戦規定とは 自衛隊が負け続ける理由はこれ!!

1999年、能登半島沖不審船事件。北朝鮮の不審船が、海保巡視船の臨検などを無視し、海自からも逃走した事件です。 不審船は麻薬密輸取引目的ではとささやかれましたが、注目すべきは、海自はなぜ不審船を取り逃がしたかという点です。 不審船は漁船ほど...
政策争点

海上警備行動や防衛出動で何ができるの?

憲法9条により、自衛隊は軍隊として認められず、その活動も軍事行動であってはならない。 2019年12月27日の閣議で、中東海域での航行の安全確保のため、海自護衛艦の独自派遣が決定されました。 中東海域で、日本船籍含む民間のタンカーなどが襲わ...